がん保険も併せて検討してみましょう

がん保険も併せて検討してみましょう

医療保険とがん保険の違いについてご存知でしょうか?医療保険とは、病気やケガによる入院・手術をメインに保障する保険で、もちろんそこにはがんも含まれます。

では、なぜ今、がんのみを対象としたがん保険が注目を集めているのでしょうか?一般的な医療保険は、入院給付金に日数制限がありますが、がん保険は日数が無制限というのが主流です。これは、再発によって治療期間が長期化する場合を想定しており、日数制限のある医療保険をカバーしてくれるものです。

また、最近では病気やケガによる入院を最小限にとどめるという逆の傾向も増えてきました。この傾向はがん治療においても同じで、通院にて抗がん剤治療や放射線治療を行うケースも多くなっています。そのため、入院・手術をメインに保障する医療保険では、入院を伴わないがん治療に対応しきれなくなっています。その点、一般的な「がん保険」であれば、がんと診断された初期段階で診断給付金(一時金)というある程度まとまったお金が受け取れるため、通院治療などの入院・手術以外の費用にあてることも可能です。

現在、がんと診断される人はおよそ半数に上っており、思っているより身近な病気です。どうしても心配で不安をお持ちの方は、医療保険だけではなく、がん保険も併せて検討してみてはいかがでしょうか。

お知らせ